アーカイブ

令和4年度茨城県移動展覧会「茨城の美術セレクション」

茨城県では、茨城県美術展覧会(会長:能島征二)と協力し、茨城県移動展覧会「茨城の美術セレクション」を主催しています。

県民の皆様が身近な美術館で芸術を鑑賞できる機会を提供するために、平成28年度より始まったこの移動展覧会は、今年度で7回目を迎えます。

茨城県を代表する芸術家の代表的な作品を、皆様がお住まいの地域の身近な美術館で堪能しませんか?

また、展覧会最終日には、出展作家によるギャラリートークも予定しております。

○茨城県陶芸美術館 2階県民ギャラリー(工芸美術・書・写真・デザイン)
 会期:令和4年6月4日(土)~19日(日) ※月曜休館
 時間:午前9時30分~午後5時 ※入館4時30分まで。最終日は正午終了。

 ・出品作家によるギャラリートーク
  令和4年6月19日(日)午前11時~
  ※事前申込不要。先着15名。開始30分前より、開場にて参加受付いたします。
   会期終了後、動画を「あーかる茨城」にて公開予定。

○茨城県つくば美術館 第1・第2展示室(日本画・洋画・彫刻)
 会期:令和4年6月28日(火)~7月10日(日) ※月曜休館
 時間:午前9時30分~午後5時 ※入館4時30分まで。最終日は正午終了。

 ・出品作家によるギャラリートーク
  ※会期終了後、動画を「あーかる茨城」にて公開予定。

○茨城県天心記念五浦美術館 展示室B・C(日本画・洋画・彫刻)
 会期:令和5年3月1日(水)~12日(日) ※月曜休館
 時間:午前9時30分~午後5時 ※入館4時30分まで。最終日は午後2時終了。

 ・出品作家によるギャラリートーク
  令和5年3月12日(日)午後1時~
  ※事前申込不要。先着15名。開始30分前より、開場にて参加受付いたします。
   会期終了後、動画を「あーかる茨城」にて公開予定。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

企画展 開館25周年記念展 Ⅰ 「箱根・芦ノ湖 成川美術館コレクション展 ~花愛でるこころ、恋の詩とともに~」

 私たちの生活を彩る花は、芸術の中でもポピュラーなモティーフとして用いられてきました。本展では成川美術館が誇る4000点余りの日本画コレクションから、花をテーマに多様な作品を精選してご紹介します。山本丘人、堀文子、那波多目功一らをはじめとする日本画家たちの代表作をご覧いただくとともに、花々の彩りにこころ躍らせ、また癒やされるひとときをお楽しみください。

 

第83回企画展「ミュージアムパーク・コレクション-コレなに?コレみて!自然の宝、大公開!-」

 当館の展示室では、動物のはく製や植物のさく葉標本、恐竜の骨格化石など、様々な標本を見て楽しみ、学ぶことができます。本企画展では、みなさんが「コレなに?」とびっくりする標本や学芸員が「コレみて!」とイチ推しする標本など、普段は展示していないコレクションを特別公開いたします!

生誕150年記念 板谷波山の陶芸~麗しき作品と生涯~

 

陶芸家 板谷波山は、明治5年(1872)茨城県の下館(現・筑西市)に生まれ、昭和28年(1953)には工芸家として初の文化勲章を受章し、昭和29年(1954)には日本画の横山大観とともに茨城県名誉県民の第一号となりました。

波山は、理想の作品づくりのためには、一切の妥協を許さないという強い信念により、端正で格調高い作品を多数手がけました。その一方で、波山は、故郷のまちと人々をこよなく愛し、共に信頼し、共感し合いながら、生きていくことを大切にした人物でもありました。

本展覧会では、筑西市内の三つの美術館(しもだて美術館・板谷波山記念館・廣澤美術館)の官民連携による同時開催となります。

 しもだて美術館では、泉屋博古館東京が所蔵する国指定重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」を始めし、国立工芸館・出光美術館・MOA美術館などが所蔵する波山の代表作を一堂に展覧します。

 板谷波山記念館では、波山が郷里の人々に贈った観音像や鳩杖の数々を展示するとともに、東京田端にあった波山の工房を、当時の写真をもとに再現します。

廣澤美術館では、板谷波山の彩磁の名品を約50点、初公開いたします。