その他詳細一覧


第24回長塚節文学賞の公募

 長塚節文学賞は、常総市出身の歌人・作家として知られる長塚節(ながつかたかし)を広く顕彰するため、短編小説・短歌・俳句の三部門について作品を公募し、入選作品集の刊行等を通して「節のふるさと常総」の文化を全国に発信していこうとするものです。

 令和2年度に行われた第23回長塚節文学賞では、全国から3部門あわせて8,026点の作品が寄せられました。

 第24回長塚節文学賞は、4月1日から9月14日の期間で作品を募集し、各部門ごとに審査を行った上で、翌年2月6日に常総市地域交流センターを会場として入賞者の表彰式を行う予定(新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、中止になる場合があります)になっています。

開催日募集期間:令和3年4月1日(木)~令和3年9月14日(火)
表彰式 :令和4年2月6日(日)
問い合わせ常総市教育委員会 生涯学習課
0297-30-8880
関連リンクくわしくはこちら

つくば美術館 第3回土曜講座「筑波大学日本画コース40年を振り返る」

筑波大学芸術系の日本画コースは、県内唯一の日本画の専門教育機関として、多くの作家、教師を輩出してきました。

歴代教員8名を紹介し、その軌跡を振り返ります。

講師:井野 功一 氏(天心記念五浦美術館首席学芸員)

 

開催日令和3年6月19日(土)
時間午後1時30分~(1時間半程度)
料金参加費無料・事前申込不要
会場茨城県つくば美術館
茨城県つくば市吾妻2-8
問い合わせ茨城県つくば美術館
029-856-3711
関連リンクくわしくはこちら

リボーン・アートボール2020ワークショップ(土浦市)

捨てられてしまうスポーツ競技用のボールに色を塗ったり、絵を描いたりして、世界に一つだけのアートボールを作りましょう!

ワークショップで使用するボールは鹿島アントラーズ(サッカー)や東京ヤクルトスワローズ(野球)など、プロスポーツチームから頂いたボールも含まれています。

◎申し込み◎

募集開始:令和3年6月15日(火)9:00

定員:各回先着18組36名(定員になり次第、受付終了)

申し込み方法:リボーン・アートボールワークショップホームページの専用フォームからお申し込みください → http://beyond-ibaraki.jp/reborn2020_ws.html

 

開催日令和3年7月4日(日)
時間午前の部10時00分~
午後の部13時30分~
(各回90分程度)
料金参加費無料
会場土浦市民ギャラリー
茨城県土浦市大和町1-1アルカス土浦1階
問い合わせリボーン・アートボール事務局(株)田中企画
029-305-3751

茨城県県民生活環境部生活文化課
029-301-2824
関連リンクくわしくはこちら

リボーン・アートボール2020ワークショップ(小美玉市)

捨てられてしまうスポーツ競技用のボールに色を塗ったり、絵を描いたりして、世界に一つだけのアートボールを作りましょう!

ワークショップで使用するボールは鹿島アントラーズ(サッカー)や東京ヤクルトスワローズ(野球)など、プロスポーツチームから頂いたボールも含まれています。

◎申し込み◎

募集期間:令和3年6月14日(月)9:00~6月21日(月)17:00

定員:各回30名(定員を超えた場合は抽選)

申し込み方法:リボーン・アートボールワークショップホームページの専用フォームからお申し込みください → http://beyond-ibaraki.jp/reborn2020_ws.html

開催日令和3年月7月10日(土)
時間午前の部10時00分~
午後の部13時30分~
各回90分程度
料金参加費無料
会場小川文化センターアピオス
茨城県小美玉市小川225
問い合わせリボーン・アートボール事務局(株)田中企画
029-305-3751

茨城県県民生活環境部生活文化課
029-301-2824
関連リンクくわしくはこちら

企画展「とうかいきっずミュージアム2021」

東海村内小学校6校の全児童による作品展を開催します。

一学期の図工の時間に制作した力作を学年ごとに展示します。

開催日令和3年7月25日(日)~8月14日(土)
時間午前10時00分~午後7時00分(最終日は15時00分閉館)
※土曜日は展示替えのため午後4時00分閉館
料金入場無料
会場東海ステーションギャラリーAおよびB
茨城県那珂郡東海村舟石川駅西1-1-1
問い合わせ(公財)東海村文化・スポーツ振興財団
029-287-3680
関連リンクくわしくはこちら
備考新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止・延期となる場合があります。

つくば美術館 第4回土曜講座「夏企画テーマ『土イジり』」

 陶磁器の材料である粘土の最大の特長は、可塑性といわれる「ものをカタチづくる」性質です。開催中の展覧会にちなみ、「のばす」「積む」「曲げる」「切る」など「土イジり」をキーワードに、現代陶芸の「カタチ」を紹介します。

 講師:岩井 基生 氏(茨城県陶芸美術館主任学芸主事)

開催日令和3年7月31日(土)
時間午後1時30分~(1時間半程度)
料金参加費無料・事前申込不要
会場茨城県つくば美術館 2階アルスホール
茨城県つくば市吾妻2-8
問い合わせ茨城県つくば美術館
029-856-3711
関連リンクくわしくはこちら