カテゴリー別アーカイブ: 募集

令和2年度茨城県芸術祭 作品の公募について

 

下記のとおり作品を公募いたします。

美術展覧会

応募方法

・出品作品と申込書,出品料を添えて所定の搬入場所へお持ちください。

・詳細については,実施要項をご覧ください。

【要項】

令和2年度茨城県芸術祭美術展覧会実施要項

【搬入日時】

令和2年9月26日(土)~27日(日)午前9:30~午後4:00

※書は26日(土)午後3:00まで

【搬入場所】

<日本画・洋画・彫刻・工芸美術・デザイン>

茨城県近代美術館1Fエントランスホール

<書・写真>

ザ・ヒロサワ・シティ会館2F展示室

【留意事項】

・1人3点まで(書は1人1点まで)の応募となります。

出品料

1点につき4千円(高校生以下の学生は3千円)

※審査の結果,選外となっても返金いたしません。

発表方法

茨城県芸術祭美術展覧会において展示

【会期】

令和2年10月3日(土)~10月18日(日)

9時30分~17時00分 ※最終日14時まで

【会場】

<日本画・洋画・彫刻・工芸美術・デザイン>

茨城県近代美術館

<書・写真>

ザ・ヒロサワ・シティ会館

お問合せ先

茨城県芸術祭美術展覧会事務局
水戸市千波町後川745 ℡029-244-5553

※応募の際は専用の申込書は必要となります。申込書の入手方法については,茨城県芸術祭美術展覧会事務局までお問合せください。

 

映像祭(映像コンクール)

応募方法

・テーマは自由(個人制作・共同制作どちらでも可)で,10分以内の未発表作品とします。

・郵送にてご応募ください。

・詳細については,作品募集のご案内をご覧ください。

【要項】

茨城県芸術祭 映像コンクール 作品募集のご案内

【応募先】

映像茨城協会事務局

〒316-0036 日立市鮎川町6-8-33 豊田正夫方

【締め切り】

9月30日必着

出品料

1点につき1,000円(何点でも可/大学(院)生以下無料)

発表方法

11月7日(土)ザ・ヒロサワ・シティ会館 小ホール

(入選作のみ上映)

お問合せ先

応募先に同じ

 

文学(茨城文学賞)

応募方法

・募集部門は「小説,詩,短歌,俳句,文芸評論」の5部門で,令和元年9月1日から令和2年8月31日までに創作・発表された作品とします。

・郵送にてご応募ください。

・詳細については,実施要項をご覧ください。

【要項】

令和2年度茨城県芸術祭文学部門実施要項

【応募先】

〒310-0851 水戸市千波町後川745
ザ・ヒロサワ・シティ会館 分館内 茨城県芸術祭実行委員会宛

【応募期間】

令和2年8月1日(土)~9月1日(火)

出品料

無料

発表方法

令和2年10月27日(日)茨城新聞紙上ほか

お問合せ先

応募先に同じ

 

 

※・・・「ザ・ヒロサワ・シティ会館」は「県民文化センター」の通称です。

茨城県芸術祭に関するお問い合せ

茨城県芸術祭実行委員会
〒310-0851 水戸市千波町後川745(ザ・ヒロサワ・シティ会館 分館内)
℡029-244-5553 

 

 

 

リボーン・アートボール2020ワークショップの開催について

東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムとして,捨てられてしまうスポーツ競技用のボールに色を塗ったり絵を描いたりして,世界に一つのアートボールを制作するワークショップを開催します。ぜひご参加ください。
★参加費無料
★お子様におすすめ
★業種別ガイドライン等に基づき,新型コロナウイルス感染症対策を行います。

【期日と会場】
8月 2日(日) 県北生涯学習センター(日立市)
8月 8日(土) ザヒロサワシティ会館(水戸市)
8月22日(土) 鉾田市立大洋公民館(鉾田市)
8月29日(土) 土浦市亀城プラザ(土浦市)
9月 5日(土) しもだて地域交流センター(筑西市)

【時間】
午前の部10:00~/午後の部13:30~
※各回90分程度

【定員】
各回40名程度(定員になり次第締め切り)
※新型コロナウイルス感染症対策のため,参加者1名につき,保護者様の入場は1名までとさせていただきます。

【お申込み】
ホームページの申込フォームからお申し込みください。(7月10日(金)9:00~)

http://beyond-ibaraki.jp/index.html

【参考】リボーン・アートボール2020展事業について
・オリンピック・パラリンピックは「スポーツと文化の祭典」であり,開催国は文化的な催事(文化プログラム)も実施することとされています。
・リボーン・アートボール2020展は,東京2020大会に向けて,平成29年度に公募した企画の中から選ばれた本県独自の文化プログラムです。
・リボーン・アートボールとは,使い古され捨てられてしまうスポーツ用のボールに絵を描いたり工作をしたりして,アートの力で再生(reborn:リボーン)させるもので,「スポーツ」と「アート」と「リサイクル」を融合させた茨城発の取り組みです。
・提唱者である太田圭・筑波大学芸術系長のご協力のもと,平成30年度から県内各地でワークショップや作品展示会を開催してきており,これまでにワークショップに2,665人,展示会に約25,000人と多くの方にご参加いただいております。

ネーミングライツ・パートナー(特定施設型)の募集について

茨城県では、「資産の有効活用」による歳入の確保のため、ネーミングライツ・パートナー(施設命名権者)を募集します。

ネーミングライツとは、公共施設等に団体名や商品名等を冠した通称(※)を付与する権利です。通称を施設等の名称として使用する代わりに、ネーミングライツ・パートナー(施設命名権者)からネーミングライツ料をいただくものです。
※一般的な呼称として用いられる名称であり、本県の条例等で定められている正式な施設名等を変更するものではありません。

→詳しくはこちら(茨城県ホームページ)をご確認ください。

 

平成29年度アートマネジメント講座 参加者募集中!!

 県民等が文化に関する認識を深め、自主的・主体的に文化活動に関われるようにするため、市町村及び公立文化施設の職員の方や、事業を企画・運営する方に文化事業の実践的な知識・手法などを習得していただくための講座です。

開催日

 

全6回(全て13:30~16:30)

  • 平成29年12月1日(金)
  • 平成29年12月21日(木)
  • 平成30年1月11日(木)
  • 平成30年1月23日(火)
  • 平成30年2月7日(水)
  • 平成30年2月27日(火)

対象者

  1. 県・市町村文化施設(文化会館・文化ホール等)の職員
  2. 県・市町村職員(文化担当者)
  3. 文化振興を行う文化団体等アートマネジメントに関心のある方

料金

無料(要申込み)

会場

茨城県立県民文化センター分館 集会室8号

〒310-0851 水戸市千波町後川745

募集定員

各回30名程度

受付期間

平成29年10月16日(月)~11月30日(木)必着

講座内容

  • 第1回:コミュニケーションの場をどのようにデザインするか
  • 第2回:コンサートホールの可能性Vol.Ⅰ
  • 第3回:音楽アウトリーチとソーシャル・インクルージョンVol.Ⅰ
  • 第4回:音楽アウトリーチとソーシャル・インクルージョンVol.Ⅱ
  • 第5回:コンサートホールの可能性Vol.Ⅱ
  • 第6回:茨城県の芸術振興のこれから

※詳細は(公財)いばらき文化振興財団ホームページをご確認ください。

申込方法

申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXかメールで公益財団法人いばらき文化振興財団までお送りください。

※申込書は(公財)いばらき文化振興財団ホームページからダウンロードしてください。

問合せ・申込先

公益財団法人いばらき文化振興財団 事業推進課

〒310-0851水戸市千波町後川745
℡:029-305-0161 FAX:029-305-0163
E-mail:icf-ps9@icf4717.or.jp

【9月30日必着】平成29年度茨城県文化プログラム推進事業「県民企画公募型事業」を募集します!

 文化の祭典でもある2020年「東京オリンピック・パラリンピック」の開催に向けて、茨城ならではの文化プログラムを県内各地で実施し、本県文化の魅力を国内外に広く発信するとともに、大会終了後もその成果等を持続させていくことが重要です。

 このため、文化プログラムを展開していく1つの手法として、県民のみなさまから文化プログラムの企画を募集し、協働して事業化することを目指します。※詳しくは募集要項をご確認ください。

→募集要項はこちら     →応募用紙及び記入例はこちら

テーマ(文化オリンピアードのレガシーコンセプトに基づく取組)

次のテーマから選択し提案してください。(複数可)

  1. 本県文化の再認識と継承・発展
  2. 次世代育成と新たな文化芸術の創造
  3. 本県文化の世界への発信と国際交流
  4. あらゆる人の参加・交流と地域の活性化

※公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むもの、著作権その第三者の権利を侵害しているもの、反社会的勢力の活動を助長する行為が判明した場合は審査対象外になります。

 

応募期間

平成29年8月7日(月)~9月30日(土)必着

 

応募方法

募集要項をよくお読みになり、応募用紙に記入のうえ、FAX・郵送・メールにて提出してください。

 

審査結果

平成29年10月下旬頃に(公財)いばらき文化振興財団のホームページで発表します。

 

 

提出・問合せ先

公益財団法人いばらき文化振興財団 事業推進課(担当:大槻)

〒310-0851 茨城県水戸市千波町後川745
TEL:029-305-0161
FAX:029-305-0163
E-Mail:icf-ps7@icf4717.or.jp

 

地域の祭礼や民俗芸能などの伝統文化の継承に取り組む団体を募集します!(募集は終了しました)

無題4

 地域に根ざした祭礼や民俗芸能などの伝統文化は、世代を超えて受け継がれ、私たちの心のよりどころとなっている郷土の貴重な財産です。

 県では、このような伝統文化の継承について、一緒に考え、取り組んでいく団体(活動を行ううえで困っている団体など)を募集しています。

 専門家によるサポートチームが団体の現状や課題を整理し、一緒になって対応策を検討するなど、継承に向けた取組をサポートします。

 

サポート内容

  • 専門家との定期的な意見交換(モニタリング)を実施
  • 課題解決に向けた対応策の提言
  • 助成制度の紹介や申請手続きの説明などの支援
  • 伝統文化シンポジウムでの活動PRの場の提供 など

※この事業は、助成金の支給など金銭的な支援を行うものではありません。

 

応募方法等

 詳しくは実施要項を参照いただくとともに、下記の茨城県生活環境部生活文化課(029-301-2824)までご相談ください。

※実際の応募は、お住まいの市町村を通して応募(募集期間は6月中です。)いただきます。

実施要項

応募申請書

 

サポート団体の選定

 書面審査及び有識者による面接審査により、5団体程度を選定します。

(面接審査は、7月26日(火)に水戸市内での実施を予定しています。)

 

その他

 県では、伝統文化をキーワードなどで検索可能なデータベースとして、ホームページ「いばらきの伝統文化」を公開しています。ご活用いただき、ご意見や情報を是非お寄せください。

 

事業内容についてのお問い合わせ

茨城県生活環境部生活文化課

文化振興担当 ℡029-301-2824