文化プログラムの枠組み


文化プログラムの実施にあたっては、「東京2020文化オリンピアード」か「beyond2020プログラム」の認証を受ける必要があります。
実施主体等によって申請できるプログラムが異なりますので、以下の文化プログラムの枠組み及び申請方法を確認の上、申請をお願いします。

プログラム

東京2020文化オリンピアード

beyond2020プログラム

公認文化オリンピアード

応援文化オリンピアード

実施主体

組織委員会、国、開催都市、会場所在地方自治体(茨城県、鹿嶋市)、公式スポンサー、JOC、JPC 会場所在地以外の地方自治体、独立行政法人を含む非営利団体 文化オリンピアードの実施主体に加えて、公式スポンサー以外の企業も対象

概要

「オリンピック憲章」に基づいて行われる公式文化プログラム。
非営利団体・公式スポンサーが実施するアクションが対象。
2020年以降を見据え、レガシー創出に資する文化プログラム。
営利・非営利を問わず多様な団体が対象。

認証組織

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 内閣官房
東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局
茨城県

ロゴマーク

東京2020文化オリンピアード・beyond2020プログラム認証事業一覧(茨城県主催事業)

beyond2020プログラム申請方法(認証組織:茨城県)

「beyond2020プログラム」とは

2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証し、日本全国へ展開していくものです。

beyond2020プログラム認証事業一覧(茨城県認証)

認証のメリット

  1. 「beyond2020ロゴマーク」を活用した広報が可能となります。
    サイン、看板や告知物、販促物、商品等に使用可
    ロゴマークは国際商標には対応していないので、海外での使用は注意が必要
  2. 認証された事業は、以下のホームページに掲載され、広く国内外に情報発信されます。
    内閣官房「beyond2020公式ホームページ」(外部サイトへリンク)
    文化庁「Culture NIPPON」
    ※全国の文化プログラムを集約・多言語発信するポータルサイト(外部サイトへリンク)
    茨城県生活環境部生活文化課ホームページ「大好きいばらき生活文化情報ネット」

認証要件

以下の1、2の要件を満たす事業・活動をbeyond2020プログラムに認証します。

  1. 日本文化の魅力を発信する事業・活動であること。
  2. 多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかの要素を付加した事業・活動であること。
    (ア) 障害者にとってのバリアを取り除く取組
    (イ) 外国人にとっての言語の壁を取り除く取組

認証の対象となる事業・活動の実施主体

以下に掲げる者は、知事に対して、beyond2020プログラムの認証の申請を行うことができます。ただし、原則として茨城県内に拠点がある者又は県内で事業・活動を行う者とします。

ア 国の行政機関(独立行政法人、特殊法人及び認可法人を含む。)

イ 地方公共団体(特別区、一部事務組合及び広域連合、地方独立行政法人を含む。)

ウ 国立大学法人及び学校法人

エ 公益法人又はこれに準ずる団体

オ 株式会社等その他法人格を有する団体

カ アからオまでに掲げる者に準ずると認められる団体

申請方法

原則として電子メールで申請(電子メールでの申請が難しい場合は、郵送又は持参による受付も可)

申請から認証まで2週間程度の期間を要します。

認証申請書・実施報告書の送付に際しては、必ずエクセルファイルで提出してください。

誓約書兼同意書は、日付、住所、法人・団体の名称、代表者名を記入・押印し、スキャンしたデータを提出してください。

認証事業終了後、1ヶ月以内に実績報告書を提出してください。

送付先

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

茨城県生活環境部生活文化課文化振興担当

メールアドレス:seibun2@pref.ibaraki.lg.jp

認証要領及び各種様式

よくあるご質問(FAQ)

beyond2020 プログラム よくあるご質問(PDF:86KB)

東京2020文化オリンピアード申請方法
(認証組織:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)

東京2020文化オリンピアードとは

対象組織・団体がオリンピック・パラリンピックとつながりを持ちながら、東京2020に向けた参画、機運醸成及び大会後のレガシー創出に向けた文化分野のイベント・事業を実施することができる「オリンピック憲章」に基づいた公式文化プログラムです。「東京2020公認文化オリンピアード」と「東京2020応援文化オリンピアード」の2種類があり、それぞれ実施主体等が異なります。

主な認証要件

非営利の事業であること

※公式スポンサー以外の企業からの協賛金など、公式スポンサー企業の権利に影響を及ぼす事業は認証不可

3つの大会ビジョンとの合致

「全員が自己ベスト」「多様性との調和」「未来への継承」

目指すべきレガシーコンセプト等との合致

「日本文化の再認識と継承・発展」「次世代育成と新たな文化芸術の創造」「日本文化の世界への発信と国際交流」「全国展開によるあらゆる人の参加・交流と地域の活性化」のうち、いずれか一つの分野に掲げる基準を満たすこと

実施主体

【東京2020公認文化オリンピアード】

組織委員会、国、開催都市、会場所在地方公共団体、公式スポンサー、JOC、JPC

【東京2020応援文化オリンピアード】

上記以外の地方公共団体、公益法人、その他非営利団体等(任意団体含む)

申請方法等の詳細については、東京2020参画プログラム公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。