カテゴリー別アーカイブ: イベント

リボーン・アートボール2020ワークショップの開催について

東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムとして,捨てられてしまうスポーツ競技用のボールに色を塗ったり絵を描いたりして,世界に一つのアートボールを制作するワークショップを開催します。ぜひご参加ください。
★参加費無料
★お子様におすすめ
★業種別ガイドライン等に基づき,新型コロナウイルス感染症対策を行います。

【期日と会場】
8月 2日(日) 県北生涯学習センター(日立市)
8月 8日(土) ザヒロサワシティ会館(水戸市)
8月22日(土) 鉾田市立大洋公民館(鉾田市)
8月29日(土) 土浦市亀城プラザ(土浦市)
9月 5日(土) しもだて地域交流センター(筑西市)

【時間】
午前の部10:00~/午後の部13:30~
※各回90分程度

【定員】
各回40名程度(定員になり次第締め切り)
※新型コロナウイルス感染症対策のため,参加者1名につき,保護者様の入場は1名までとさせていただきます。

【お申込み】
ホームページの申込フォームからお申し込みください。(7月10日(金)9:00~)

http://beyond-ibaraki.jp/index.html

【参考】リボーン・アートボール2020展事業について
・オリンピック・パラリンピックは「スポーツと文化の祭典」であり,開催国は文化的な催事(文化プログラム)も実施することとされています。
・リボーン・アートボール2020展は,東京2020大会に向けて,平成29年度に公募した企画の中から選ばれた本県独自の文化プログラムです。
・リボーン・アートボールとは,使い古され捨てられてしまうスポーツ用のボールに絵を描いたり工作をしたりして,アートの力で再生(reborn:リボーン)させるもので,「スポーツ」と「アート」と「リサイクル」を融合させた茨城発の取り組みです。
・提唱者である太田圭・筑波大学芸術系長のご協力のもと,平成30年度から県内各地でワークショップや作品展示会を開催してきており,これまでにワークショップに2,665人,展示会に約25,000人と多くの方にご参加いただいております。