輝く茨城の先人たち


本多重次の墓
分野
政治
ゆかりの市町村
取手市
 
家康に仕えた三河三奉行の一人/「一筆啓上 火の用心」の手紙を書いた

 徳川家康に仕えた武将。戦場での勇猛果敢な活躍から「鬼作左」と呼ばれ恐れられた。一方では三河三奉行の一人となり、領国の経営にもあたった。家康の関東入国後は、取手に領地を得てここに住んだ。「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の簡潔にして要領を得た手紙の作者と伝えられ、有名である。取手で死去し、墓は台宿にある。重次の墓は、地元井野村の人びとが井野村史跡保存会を結成し運動を展開した結果、昭和9年に県の史跡に指定されている。

関連ホームページ 取手市
著者・作品等
参考文献 「取手市史 通史編供廖ぁ嵋楝榛邵険厂臀甜,隼丗垢燭繊廖ぁ峇荼納圈廖ぁ峙敢邵検
ゆかりのスポット 本願寺(取手市青柳)*本多重次の菩提寺で着用の甲冑、旗指物、徳川家康より拝領の品々がある) 墓(取手市台宿、県指定史跡)
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.