輝く茨城の先人たち


大塲家住宅
分野
教育, 産業
ゆかりの市町村
行方市
 
御立山と大山守

 大場家は,江戸時代「水戸藩」に仕え「郷奉行兼大山守」を勤めて以来代々,大山守兼勧農役を勤めていた。第11代惣介政信は,天保元年19才で大山守兼勧農役で濱村庄屋を兼務している。用水路の建設や,農地開拓の指導者,学校の建設等水戸藩南部の藩政を担っていた。1833年,台風災害で苦しむ人々のために,自分の持っていた食料や,自分の土地を売って手に入れた食料を地域の人々に分け与えたという。現在住宅は,県指定文化財となっている。

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献 「玉造町史」,「教友いはらき第79号」
ゆかりのスポット 大山守大塲家郷土屋敷
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.