輝く茨城の先人たち


『浮世絵の研究』(古河歴史博物館蔵)
分野
芸術
ゆかりの市町村
古河市
 
美術史・浮世絵研究の第一人者/文化財保護と郷土史の顕彰

東京帝国大学国史学科卒業。女子美術学校講師,国学院大学教授・帝室博物館学芸委員,文部省国宝鑑査官,国宝保存会幹事・同委員,東京国立博物館評議員などを務める。昭和9年(1934)文学博士の学位を得て,東京帝国大学の教授となる。その間,古河の史跡保存や郷土史研究につとめ,旧古河藩江戸下屋敷にあった学生寮「欽宝寮」において後進の育成に当たった。美術史においては,浮世絵研究の大家として有名である。また,日本画家・川端玉章に師事し,絵画もよくした。

関連ホームページ
著者・作品等 『浮世絵の研究』 (雄山閣/古河歴史博物館収蔵)『浮世絵』(雄山閣・古河歴史博物館収蔵)/『須静園五餐帖』(鏑木清方・木村荘八・藤懸静也筆/古河歴史博物館収蔵)、美術学術雑誌『国華』主宰(国華社)ほか多数
参考文献 藤懸先生を偲ぶ」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」
ゆかりのスポット 古河歴史博物館
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.