輝く茨城の先人たち


『稔秋富嶽之図』(古河市博物館蔵)
分野
芸術
ゆかりの市町村
古河市
 
幕末明治期の日本画の大家

狩野派の伝統を基盤にあらゆる絵画を研究・習得した暁斎は,たぐいまれな技量を誇る天才画家として,幕末・明治の動乱期に活躍した。暁斎は伝統的絵画から浮世絵,戯画,狂画など多岐に渡る分野まで自由自在に描き,その独特で力強い作風は,欧米ですでに高い評価を受けている。近年日本でも画業を再評価する気運が高まり,暁斎にかかわる多くの展覧会が開催されている。また,多くの弟子を指導したが,そのなかに英国人で鹿鳴館の設計者ジョサイア・コンドルがいる。

関連ホームページ
著者・作品等 「枯木寒鴉図」(第二回内国勧業博覧会美術部門にて妙技二等賞(最高賞)受賞・栄太楼所蔵)/「稔秋富嶽之図」(古河歴史博物館所蔵)/「山姥図」(東京国立博物館所蔵)/「百怪図」(大英博物館所蔵) ほか多数
参考文献 「DEMON OF PAINTING−THE ART OF KAWANABE KYOSAI」,「没後百年記念 河鍋暁斎展」,「没後110年記念 河鍋暁斎−美しき女々−」,「PAINTINGS AND STUDIES BY KAWANABE KYOSAI」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の顔」
ゆかりのスポット 古河歴史博物館
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.