輝く茨城の先人たち


「伝蕃山堤」
分野
学術
ゆかりの市町村
古河市
 
江戸時代前期の儒学者

中江藤樹に儒学を学び,岡山藩に仕え治山・治水や飢饉対策に大きな成果をあげた。隠退後,京都や大和郡山などに居を移し,その間多くの公家・幕臣・諸侯らと学問・風流の交わりを結んだ。古河に滞在中,著書『大学或問』が幕府のとがめを受け,幕命により禁錮の身となり,そのまま古河城内に幽閉され生涯をとじた。旧古河藩領には蕃山の指導によって造られたと伝える治山・治水の遺構がいくつか残っている。

関連ホームページ
著者・作品等 著作は『増訂 蕃山全集』全7巻(名著出版)に収録
参考文献 熊沢蕃山−その生涯と思想」,「熊沢蕃山の研究」,「茨城県大百科事典」
ゆかりのスポット
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.