輝く茨城の先人たち


復元された創業小屋(日立製作所日立事業所内)
分野
産業
ゆかりの市町村
日立市
 
(株)日立製作所を創業

 1900年(明治33)東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業と同時に小坂鉱山に着任し、久原房之助のもとで自家用発電所の建設に参画した。日立の地を踏んだのは、1906年(明治39)のことである。久原は自らの手による発電所建設を計画し、その責任者として招かれた。中里発電所の建設を引き継ぎ4ヵ月にして完成させると、中里第二、町屋、そして石岡(北茨城市)に発電所を完成させた。その後日立鉱山で機械、電気の工作一切をまかせられた。自分達で全部設計、製図をして、手初めに作ったのが5馬力の誘導電動機3台である。1910年(明治43)3月、日立製作所(当時日立鉱山工作課)第1号の製品はこうして生まれた。1910年(明治43)12月、日立村宮田字芝内に最初の建物が完成した。芝内製作所である。日立製作所の創業である。その後日立製作所を日本有数の電機メーカーに育てあげる。

関連ホームページ 日立市観光物産協会
著者・作品等
参考文献 「日立製作所史」,「日立工場五十年史」,「技術王国日立をつくった男 : 創業者・小平浪平伝」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の先人たち」,「茨城の顔」,「郷土史にかがやく人びと」,「20世紀茨城の群像」
ゆかりのスポット
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.