輝く茨城の先人たち

日鉱記念館提供

日立鉱山の大煙突
分野
産業
ゆかりの市町村
日立市
 
鉱山業を開始し,日本の資源産業の発展に寄与

 閉山の危機に直面していた秋田県の小坂鉱山を建て直した。久原は1904年(明治37)小坂を離れ、まもなくして赤沢銅山を買収し日立鉱山と改称して開業した。銅の生産量が増大する一方、製錬所から排出される煙は山林や農作物を枯らし、被害は激しく広範囲に及んだ。その対策として1914年(大正3)、大煙突の着工に踏み切った。建設当時世界一といわれた大煙突により煙害問題を解決した。 開業わずか7年にして日立鉱山の骨格を作りあげ、日立市を日本有数の鉱工業都市として発展させる基礎をつくった。久原は昭和に入って政治家に転身する。1928年(昭和3)年衆議院議員となり田中義一内閣の逓信(ていしん)大臣、政友会総裁などを歴任した。

関連ホームページ 日立市観光物産協会
著者・作品等
参考文献 「日立鉱山史」,「日本鉱業株式会社五十年史」,「久原房之助」,「惑星が行く」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の顔」,「郷土史にかがやく人びと」,「20世紀茨城の群像」
ゆかりのスポット 日鉱記念館 旧久原本部(日立市)
先人の顕彰団体
発見!!茨城へのリンク

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.