輝く茨城の先人たち


下村千秋文学コーナー(阿見町立図書館内)
分野
文学
ゆかりの市町村
阿見町
 
文学家

 下村千秋の小説によって「ルンペン文学」という言葉が流行し,千秋は大衆作家として日本中に喧伝され,作品は舞台・映画にもなった。千秋の小説は,「純文学的なもの」「農民小説的なもの」「社会小説的なもの」「自伝的なもの」。 戦後に書かれた「中学生」は,当時の教育界に貴重な提言となった。また,雑誌「赤い鳥」に発表された数々の童話は,昭和54年に「日本名作童話シリーズ」としてテレビ放映された。

関連ホームページ 阿見町
著者・作品等 「天国の記録」,「街のルンペン」,「中学生」
参考文献 下村千秋 生涯と作品」,「あたまでっかち」, 「茨城県大百科事典」
ゆかりのスポット 阿見町立図書館 「下村千秋文学コーナー」「下村千秋顕彰碑」
先人の顕彰団体 ふるさと文芸検討委員会

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.