輝く茨城の先人たち


磯節発祥の碑
分野
その他
ゆかりの市町村
大洗町
 
民謡磯節の普及

 安中は按摩を業としたが,24歳の時名力士常陸山と逢い安中の名をもらった。張りのある純朴なその美声は人々を魅了した。常陸山は安中を愛し全国各地の巡業先へ安中を伴い,磯節を唄わせた。大正11年にニッポノホンから安中磯節の吹き込みをした。大正14年には東京放送局から始めて安中が磯節放送をした。かくて,永い間大洗町の磯の漁師達に唄い継がれてきた磯節も,遂に全国的に普及し唄われるようになり,安中は人々から磯節名人と称された。

関連ホームページ
著者・作品等 ニッポノホンレコード「磯節」
参考文献 「常陽芸文1998年1月号」,「大洗歴史漫歩」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の顔」,「20世紀茨城の群像」
ゆかりのスポット 磯節発祥の碑(大洗町内)
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.