輝く茨城の先人たち


太田一高講堂
分野
芸術
ゆかりの市町村
水戸市, 土浦市, 常陸太田市
 
建築家

駒杵勤治は,明治35年(1902)暮れから38年8月までの2年3ヶ月,茨城県技師として在任。県立図書館や県立学校,警察署などの公共建造物の設計に携わった。洋風建築の建築様式に則り,数々の建築物を茨城の地に残した。地方官庁に身を置き,その地方の建築水準の向上に尽くした建築家として貴重な存在であった。県内に現存する作品は,重要文化財や登録文化財に指定されている。

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献
ゆかりのスポット 旧茨城県立商業学校本館(現・水戸商業高等学校) 旧茨城県立土浦中学校本館(現・土浦第一高等学校) 旧茨城県立太田中学校講堂(現・太田第一高等学校)
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.