輝く茨城の先人たち


こんにゃくいも
分野
産業
ゆかりの市町村
常陸大宮市, 大子町
 
粉蒟蒻製法の創始者

当地は山村で耕地が少なく,傾斜地でも栽培できる蒟蒻,楮,漆などに生計を頼っていたが,蒟蒻は従来生芋のまま運んでいたため,腐りやすく,また重量もあるため輸送費もかかっていた。あるとき,蒟蒻芋を薄く切って乾燥させ,粉末状にすると日持ちもして軽量化でき,遠隔地まで輸送できることを発見した。これにより江戸,大坂方面まで運ぶことに成功し,販路の拡大に功績を残した。

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献 「山方町誌」上下,「とっけんのどんこ」,「こんにゃくの中の日本史」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」
ゆかりのスポット 蒟蒻神社
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.