輝く茨城の先人たち


分野
芸術, 文学
ゆかりの市町村
城里町
 
茨城県最初の女性記者

 日本女子大に学び郷里の小松尋常高等小学校で子弟の教育に当たるかたわら,1914年前後から横瀬夜雨が短歌の選者を務めた「いはらき」(現茨城新聞)の「木星」欄や同人誌などに,ペンネーム小松原暁子の名で短歌を発表。それが機となって1921年「いはらき新聞」に入社。本県最初の女性記者となり、当時の文化人らと広く交流、新しい視点に立った女性独自の筆致で,読者を魅了した。戦後は常北町議会議員に女性として初めて当選し、町政にも貢献した。

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献 「常北町史」
ゆかりのスポット
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.