イベント情報詳細一覧


古河城芳流閣の決闘 ~南総里見八犬伝~

 

 全98巻106冊,日本古典文学史上最長の作品といわれる江戸戯作文学の傑作『南総里見八犬伝』。

 その『八犬伝』の名場面のひとつに,古河城芳流閣における犬塚信乃と犬飼現八の対決があります。今回のスポット展示では,「芳流閣の戦い」を中心に,初版本や錦絵などの資料を通して『南総里見八犬伝』を紹介します。

 また,『八犬伝』に想を得た小説,漫画など現代に生きる『八犬伝』の翻案作品もあわせて紹介します。

開催日令和2年11月25日(水)まで
時間午前9時00分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
料金一般200円/小中高生50円
会場古河文学館
茨城県古河市中央町3-10-21
問い合わせ古河文学館
0280-21-1129
関連リンクくわしくはこちら

擴子から路子へ ~永井路子、歴史小説家への道~

 今回のテーマ展では,古河ゆかりの作家・永井路子が歴史小説家として歩みはじめるまでの時代に注目しました。

 「擴子」と名付けられ古河で過ごした幼少時代から青年期。女性編集者として活躍しながら習作に励んだ時期。「永井路子」の筆名を用いて作家専念を決意し,そして同人誌『近代説話』への参加を経て直木賞を受賞した時期。

 それぞれの時期の貴重な資料をとおして,歴史小説家としての地歩を固めるまでの永井路子の足跡をたどります。

開催日令和2年10月21日(水)まで
時間午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
料金一般200円/小中高生50円
会場古河文学館
茨城県古河市中央町3-10-21
問い合わせ古河文学館
0280-21-1129
関連リンクくわしくはこちら

2020年夏季展示「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」

 季節ごとに展示を替え,土浦の歴史や文化を紹介しています。

 また,「おうちもミュージアム」と題した夏季展示解説動画を公開し,自宅でも博物館の展示をご覧いただけるように工夫しました。

開催日令和2年6月30日(火)~9月27日(日)
時間午前9時00分~午後4時30分
休館日月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館)
祝日の翌日(ただし土・日・祝日の場合は開館)
料金一般105円/小中高生50円
※毎週土曜日は小中高生無料
会場土浦市立博物館
茨城県土浦市中央1丁目15-18
問い合わせ土浦市立博物館
029-824-2928
関連リンクくわしくはこちら
備考マスクの着用・手指の消毒などにご協力をお願いいたします。

名作のつくりかた

横山大観「流燈」
明治42(1909)年
絹本彩色
※8月16日(日)まで展示

 

菱田春草「落葉」明治42(1909)年 絹本彩色 ※8月18日(火)から展示

名作は,いかにして名作になったのか―――。

茨城県近代美術館の所蔵作品の中でも特に人気の高い作品を中心に,素材や技法,構図などに着目し,様々な資料を紐解きながら,作家が作品をどのように構想し,完成へと導いたのか,制作の裏側を探ります。

開催日令和2年7月11日(土)~9月22日(火・祝)
※8月17日(月)に一部展示替えを行います。
時間午前9時30分~午後5時00分まで(入場は午後4時30分まで)
休館日月曜日
※ただし8月10日(月・祝),9月21日(月・祝)は開館。
※8月11日(火)は休館。
料金一般730(610)円/満70歳以上360(300)円/高大生490(370)円/小中生240(180)円

※( )内は20名以上の団体料金
※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※9月15日(火)~21日(月・祝)は満70歳以上の方は無料
会場茨城県近代美術館
茨城県水戸市千波町東久保666-1
問い合わせ茨城県近代美術館
029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら

安齋肇えとえのえほん展~ハロルドコミックス危機一髪~

絵本『タビダチくんがゆく』,NHKみんなのうた『ホャホャラー』,Eテレで放送中『わしも』の原画絵本など,多才な活動で知られるイラストレーターの安齋肇氏。

今展は,彼の生み出した最新キャラクター「ハロルドコミックス危機一髪」を中心とした新作絵画や立体作品を展示するほか,アトリエ小屋でのライブ制作など“楽しい”を追求し続ける安齋ワールドをご紹介します。また,今回のためにコラボレーションしたみうらじゅん,宮藤官九郎,スチャダラパー,町山広美,安齋育郎,各氏などとの絵本や創作童話も見どころです。

開催日令和2年7月11日(土)~9月13日(日)
時間午前10時00分~午後6時00分(入場は午後5時30分)
休館日月曜日(ただし8月10日は開館し,8月11日(火)休館)
料金一般700円/団体(10人以上) 650円/高校生以下無料
※本展会期中発行の板谷波山記念館入館券の半券をご提示いただくと590円でご覧いただけます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1人は無料です。
※毎月第3日曜日「家庭の日」(7月19日・8月16日)は高校生以下のお子様連れのご家族は無料です。
会場しもだて美術館
茨城県筑西市丙372 アルテリオ3階
問い合わせしもだて美術館
0296-23-1601
関連リンクくわしくはこちら

鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』テーマ展示「童画を確立した人々」

 

 常設展示「鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』」では,テーマを設定して様々な角度から『コドモノクニ』の魅力を紹介しています。

 今回のテーマは「童画を確立した人々」。

 それまで童謡・童話の添え物的扱いに過ぎなかった児童出版向けの絵の地位向上を図り,いわゆる「童画」として一つのジャンルを確立した武井武雄,岡本帰一,清水良雄,初山滋,深澤省三,川上四郎ら日本童画家協会設立メンバーと,初期の童画界で活躍した本田庄太郎の絵を中心に紹介します。

 

開催日令和2年7月14日(火)~10月21日(水)
時間午前9時00分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
料金一般200円/小中高生50円
会場古河文学館
茨城県古河市中央町3-10-21
問い合わせ古河文学館
0280-21-1129
関連リンクくわしくはこちら

第78回企画展「深海ミステリー2020 -ダイオウイカがみる世界-」

水深200mより深い海域にある深海には,暗黒,高圧,低温という特殊な環境の中で,多種多様な生きものが暮らしています。

本企画展では,茨城県沖を含む深海域に生息するさまざまな生きものを紹介するほか,海底の地下資源から深海ゴミの問題に至るまで,幅広く深海の現在と未来について取り上げます。

 

 

開催日令和2年7月18日(土)~10月4日(日)
7月18日(土)は午後1時からの公開
時間午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(祝日の場合はその翌日以降)
料金一般750円(610円)/満70歳以上370円(300円)/高校・大学生460円(320円)/小・中学生150円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児,障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証を持参された方は入館無料
※7月18日(土),9月15日(火)~21日(月・祝)は満70歳以上の方は入館無料
※毎週土曜日は,小・中・高生は入館無料(夏休み期間中は除く)
会場ミュージアムパーク茨城県自然博物館
茨城県坂東市大崎700
問い合わせミュージアムパーク茨城県自然博物館
029-38-2000
関連リンクくわしくはこちら

企画展2 戦争と茨城ー茨城郷土部隊史料保存会所蔵資料からー

水戸城と歩兵第二連隊
(茨城郷土部隊史料保存会蔵)

戦後,半世紀以上にわたり,史料の収集・保管に努めてきた茨城郷土部隊史料保存会の貴重な史料を中心に,明治以降,日本が経験してきた近代戦争約70年の歴史を紹介します。

開催日令和2年7月18日(土)~9月22日(火・祝)
時間午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(祝日の場合はその翌日)
料金一般350円(290円)/大学生180円(140円)/満70歳以上170円(140円)/高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茨城県立歴史館
茨城県水戸市緑町2-1-15
問い合わせ茨城県立歴史館
029-225-4425
関連リンクくわしくはこちら

体験プログラム 昔のくらし

木製自転車(だるま自転車)
(当館蔵)

電気のない時代から電気を使うようになった頃までの道具にふれ,クイズに挑戦しながら,昔のくらしを学びませんか。

開催日令和2年7月18日(土)~9月22日(火・祝)
時間午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(祝日の場合はその翌日)
料金一般350円(290円)/大学生180円(140円)/満70歳以上170円(140円)/高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茨城県立歴史館
茨城県水戸市緑町2-1-15
問い合わせ茨城県立歴史館
029-225-4425
関連リンクくわしくはこちら

企画展『青か、白か、ー青磁×白磁×青白磁』

青白磁
加藤委 サンカクノココロ 2013
2013年 当館蔵

 

白磁
竹内紘三 Modern Remains Avalanche
2014年 現代美術 艸居蔵
画像提供:現代美術 艸居

 

オブジェから器までジャンルを横断した多彩な青と白の競演

本展では,近代の巨匠から現代の気鋭の作家まで約120点の作品を通じて,独自の道を切り拓いてきた近現代日本の青磁と白磁,青白磁の足どりをたどり,その魅力を紹介します。

開催日令和2年7月18日(土)~10月18日(日)
時間午前9時30分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
休館日月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館)
8月11日(火),9月23日(水)休館
料金一般730(580)円/満70歳以上360(290)円/高大生520(420)円/小中生260(210)円
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳または指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方および付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料
※9月15日(火)~21日(月)は70歳以上無料。
会場茨城県陶芸美術館 地下1階企画展示室
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
問い合わせ茨城県陶芸美術館
0296-70-0011
関連リンクくわしくはこちら

夏のファミリーミュージアム収蔵品展「先人たちのうでくらべ」               パネル展「戦争の記憶を語る」

 

 

 昔から人々は,武芸を習得する際にはお互いの腕前を競うことで,その技を高めました。この展示では相撲や砲術,弓術といった,土浦にゆかりのある武芸と,その腕前を競い合った先人たちを紹介します。

 パネル展では,アジア・太平洋戦争当時の思い出や体験談をパネルで紹介します。

開催日令和2年7月23日(木)~8月23日(日)
時間午前9時00分~午後4時30分
休館日月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館)
祝日の翌日(ただし土・日・祝日の場合は開館)
料金一般105円/小中高生50円
※毎週土曜日は小中高生無料
会場土浦市立博物館
茨城県土浦市中央1丁目15-18
問い合わせ土浦市立博物館
029-824-2928
関連リンクくわしくはこちら
備考マスクの着用・手指の消毒などにご協力をお願いいたします。

リボーン・アートボール2020ワークショップ

東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムとして,捨てられてしまうスポーツ競技用のボールに色を塗ったり絵を描いたりして,世界に一つのアートボールを制作するワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

★参加費無料

★お子様におすすめ

★業種別ガイドライン等に基づき,新型コロナウイルス感染症対策を行います。

 

【リボーン・アートボール2020展事業について】

・オリンピック・パラリンピックは「スポーツと文化の祭典」であり,開催国は文化的な催事(文化プログラム)も実施することとされています。

・リボーン・アートボール2020展は,東京2020大会に向けて,平成29年度に公募した企画の中から選ばれた本県独自の文化プログラムです。

・リボーン・アートボールとは,使い古され捨てられてしまうスポーツ用のボールに絵を描いたり工作をしたりして,アートの力で再生(reborn:リボーン)させるもので,「スポーツ」と「アート」と「リサイクル」を融合させた茨城発の取り組みです。

・提唱者である太田圭・筑波大学芸術系長のご協力のもと,平成30年度から県内各地でワークショップや作品展示会を開催してきており,これまでにワークショップに2,665人,展示会に約25,000人と多くの方にご参加いただいております。

<お申し込みはこちらから>

 

開催日①8月 2日(日) 
②8月 8日(土)
③8月22日(土) 
④8月29日(土) 
⑤9月 5日(土)
時間午前の部10:00~
午後の部13:30~
※各回90分程度
料金参加費無料
※事前申し込みが必要です
会場①県北生涯学習センター(日立市)
②ザ・ヒロサワ・シティ会館(水戸市)
③鉾田市立大洋公民館(鉾田市)
④土浦市亀城プラザ(土浦市)
⑤しもだて地域交流センター(筑西市)
問い合わせ茨城県県民生活環境部生活文化課
029-301-2824
関連リンクくわしくはこちら
備考各回定員40名程度(定員になり次第締め切り)
※新型コロナウイルス感染症対策のため,参加者1名につき,保護者様の入場は1名までとさせていただきます。

~今こそ届け!音楽のチカラ2020~ いばらき応援コンサート

 

 茨城県には,実力ある若き演奏家がたくさんいることをご存知でしたか?県民の皆さまに向けて,クラシック,アルゼンチンタンゴ,ジャズといった様々な音楽と,10人の演奏家の魅力に触れられる全4回のコンサートを開催します。演奏家による楽曲の紹介もあるので,初めて聴く方でも安心して毎回多彩な音楽の世界をお楽しみいただけます。

 フレッシュな生演奏に触れて元気をもらうとともに,今,新型コロナウイルスの影響により,演奏機会が減っている本県出身のアーティストをぜひ応援してください。

※新型コロナウイルス感染防止対策を実施しています。詳細についてはザ・ヒロサワ・シティ会館HP をご覧ください。

 

開催日①8月 8日(土)
②8月16日(日)
③9月12日(土)
④9月21日(月・祝)
時間全公演共通 14時00分開演(13時00分開場)
休館日なし
料金全公演共通
一般2000円/友の会・Web無料会員1500円/4公演セット券5400円
※全席指定
※公演時間約90分予定(③のみ約120分予定),休憩20分含む
※各公演未就学児入場不可
会場①ザ・ヒロサワ・シティ会館 小ホール
②ザ・ヒロサワ・シティ会館 小ホール
③ザ・ヒロサワ・シティ会館 大ホール
④ザ・ヒロサワ・シティ会館 小ホール
問い合わせザ・ヒロサワ・シティ会館
029-241-1166
関連リンクくわしくはこちら

つくば美術館 第5回土曜講座「青磁×白磁×青白磁」

「青か、白か、」展出品作を紹介しながら,それぞれの素材の特性を活かしたユニークな展開をみせる,近現代の青磁と白磁・青白磁の魅力を紹介します。

講師:芦刈 歩 氏 (茨城県陶芸美術館 学芸員)

開催日令和2年8月8日(土)
時間午後1時30分~(1時間半程度)
料金参加費無料・事前申し込み不要
会場茨城県つくば美術館
茨城県つくば市吾妻2-8
問い合わせ茨城県つくば美術館
029-856-3711
関連リンクくわしくはこちら

つくばウェストシンフォニアストリングオーケストラ 第18回定期演奏会

新型コロナウイルス感染防止対策をしっかり整え,しばし音楽の世界へいざないます。

日本の子守唄,シューベルト・モーツァルトの子守唄等,子供の心をとらえ育み続けてきた優しい歌の演奏を用意しております。

演奏を通して,安らかで美麗なる心の交流世界を築きます。

 

<演奏曲目>

♪シューベルトの子守唄

♪五木の子守唄

♪愛の挨拶

♪星に願いを

♪アンダンテカンタービレ

 

※入場制限を行いますため,事前予約をお願いいたします。

予約電話番号 090-1761-6189(佐々木)

 

開催日令和2年8月23日(日)
時間14時00分開演(13時30分開場)
料金入場無料
会場しもだて美術館 アルテリオ1階集会室
茨城県筑西市丙372
問い合わせ090-1761-6189 佐々木
090-5991-8353 大島(日中不可)
備考・座席数の縮小等,新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施します。ご理解・ご協力をお願いいたします。
・感染拡大の状況次第で,中止となる可能性がありますので,あらかじめご了承ください。
・感染拡大防止のため,必ずマスクを着用の上ご来場ください。

いしおかアーツ♪フェス

得意なジャンルで諸芸披露する演者が,「みんなで作る,みんなが主役」をモットーに,親睦交流と技芸向上を目指す音楽会です。ジャンル,年齢,性別,キャリア,国籍,障害の有無等を問わず,どなたでもお気軽にご参加いただけます。

また,邦楽文化の発展の一助となるよう,地域の児童・生徒へ和楽器に親しむ場を提供し,三味線演奏にチャレンジしていただきます。さまざまな多様性を互いに認め合い,出演者も見学者も「みんな笑顔になれる音楽会」を創造します。

開催日令和2年10月18日(日)
時間午前9時00分~午後4時30分
料金参加:3500円
見学:無料
会場ふれあいの里石岡 ひまわりの館
茨城県石岡市大砂10527-6
問い合わせアーツフェス事務局
080-1182-5133
kanadeyoo@yahoo.co.jp