仏の浜(ほとけのはま)|常陸国風土記を訪ねる|常陸国風土記1300年記念

常陸国風土記を訪ねる

仏の浜(ほとけのはま)

田尻町の田尻小学校の南側に度志観音跡がある。その岩壁に仏像が彫られている。このことから昭和30(1955)年、「佛ヶ浜」として県指定史跡とされた。この地に観世音菩薩が彫られた7 世紀末、陸奥国の蝦夷が不穏な動きをみせていたので、観世音菩薩に鎮定の助力を願ったものと考えられる。なお仏の浜は飽田村と藻島駅家の間にあり、かつ「大海のほとり」にあることから、小木津町の東連津川河口に磨崖仏があり、この地が仏の浜であるとの説がある。

指定の種別 県指定史跡(指定名称は「佛ヶ浜」)
市町村名 日立市
所在地 日立市田尻町4-39(田尻小学校南側、崖縁の岩壁)
担当課 日立市郷土博物館
電話番号 0294-23-3231
参考URL なし
常陸国風土記の記載内容
多珂郡

国 宰、川原宿禰黒麻呂の時に、大海の辺の石壁に、 観世音菩薩の像を彫り造りき。今も存り。因りて仏浜と号く。