常陸国風土記を訪ねる

くれふし山”朝房山”(くれふしやま”あさぼうやま”)

朝房山は、水戸市・笠間市・城里町にまたがる山であり、『常陸国風土記』に記述されている「晡時臥山」と推定されている。山のふもとに住んでいた努賀毗咩という娘が生んだ蛇が大きく成長したため追い出され、天に昇ろうとしたが果たせず、この山の峰にとどまったという。

指定の種別 未指定
市町村名 水戸市
所在地 水戸市木葉下町
担当課 水戸市教育委員会文化課
電話番号 029-306-8132
参考URL なし
常陸国風土記の記載内容
那賀郡

茨城の里。此より北に高き丘あり。名を晡時臥山といふ。古老のいへらく、兄と妹二人ありき。兄の名は努賀毗古、妹の努賀毗咩といふ。時に、妹、室にありしに、人あり、姓名を知らず、常に就て求婚ひ、夜来りて昼去りぬ。