台渡里官衙遺跡群”台渡里官衙遺跡・台渡里廃寺跡”(だいわたりかんがいせきぐん”だいわたりかんがいせき・だいわたりはいじあと”)|常陸国風土記を訪ねる|常陸国風土記1300年記念

常陸国風土記を訪ねる

台渡里官衙遺跡群”台渡里官衙遺跡・台渡里廃寺跡”(だいわたりかんがいせきぐん”だいわたりかんがいせき・だいわたりはいじあと”)

台渡里官衙遺跡は、那珂郡の郡役所・寺院の跡で、台渡里官衙遺跡(長者山地区)と台渡里廃寺跡(観音堂山地区・南方地区)からなる。これまでの発掘調査によって、講堂の基壇や講堂の礎石、整然と立ち並ぶ正倉院とその周囲にめぐらされた二重の溝跡などが確認され、その他文字瓦など、多くの出土品が発掘されている。

指定の種別 国指定史跡
市町村名 水戸市
所在地 水戸市渡里町2975ほか
担当課 水戸市教育委員会 水戸市埋蔵文化財センター
電話番号 026-269-5090
参考URL なし
常陸国風土記の記載内容
那賀郡

郡より東北のかた、粟河を挟みて駅家を置く。