【イベント情報】いにしえを描く

 


明治期以降、「歴史画」は日本画の重要なテーマの一つとして、多くの画家たちによって継承され、描かれてきました。

本展では、河鍋暁斎、松本楓湖から、下村観山、木村武山、安田靫彦など日本美術院で活躍した加賀たちの作品を通して、歴史画の変遷と魅力を紹介します。

開催日令和3年12月4日(土)~令和4年2月6日(日)
時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(ただし令和4年1月3日、10日は開館)
および年末年始(令和3年12月29日(水)~令和4年1月1日(土))
料金一般320(260)円/満70歳以上160(130)円/高大生210(150)円/小中生150(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
*身体障碍者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
*土曜日は高校生以下無料(12月25日を除く)
会場茨城県天心記念五浦美術館
問い合わせTEL 0293-46-5311
関連リンクくわしくはこちら