つくば美術館 美術講演会「渋沢栄一を描いた画家石橋和訓‐二人の交流を通してみる明治期の政財界と美術」

 


明治期にイギリスに留学した洋画家石橋和訓(1876-1928)と、支援者であり肖像画の顧客であった実業家渋沢栄一(1840-1931)との交流を通して、20世紀初頭の画壇と政財界との繋がりを読み解きます。

講師:林 みち子 氏 (筑波大学芸術系准教授)

開催日令和3年11月20日(土)
時間午後1時30分~午後3時00分
(受付午後1時00分~)
料金参加費無料・定員100名
会場茨城県つくば美術館
茨城県つくば市吾妻2-8
問い合わせ茨城県つくば美術館
029-856-3711