企画展「日本画の150年 明治から現代へ」

 


 

 様々な分野で西洋化が進められた明治時代、伝統を継承しつつ西洋絵画の表現も取り入れ、新しい絵画を作り出そうとする動きがおこりました。

 その志は芸術の自由を標榜した大正時代、古典が見直された昭和前期、価値眼が変化する中で表現を模索した昭和後期を経て現代に受け継がれています。

 本展では伝統を継承しながら革新的な試みが続けられてきた日本画150年の歩みをたどります。

開催日令和3年4月17日(土)~6月20日(日)
※5月17日に一部展示替え
時間午前9時30分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
休館日月曜日
※ただし、5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)は休館
料金一般 610(490)円
満70歳以上 300(240)円
高大生370(320)円
小中学生240(180)円

※( )内は20名以上の団体割引料金
※障害者手帳等をお持ちの方は無料
※土曜日は高校生以下無料
※6月5日(土)は満70歳以上の方は無料
会場茨城県近代美術館
茨城県水戸市千波町東久保666-1
問い合わせ茨城県近代美術館
029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら