輝く茨城の先人たち

冊子『輝く茨城の先人たち』販売中

この本では、郷土の発展に大きく貢献したり、全国的に活躍した江戸時代以降の本県ゆかりの人物41人について、その功績や生き方を小学校高学年が理解できるように分かりやすく紹介しております。
一人でも多くのみなさんに読んでいただき、わたしたちの郷土茨城をもっと知り、もっともっと好きになってほしい、そしてみんなで一緒に新しいいばらきづくりを進めていきたいと心から願っております。
◎販売価格

 本体286円+税(1冊)

◎販売箇所

茨城県行政情報センター(茨城県庁舎3階)

〒310-8555
水戸市笠原町978-6
電話 029-301-2152(直通)
FAX  029-301-2169

そのほか書店をはじめ、歴史館、美術館等でも販売しています。
販売先は、こちら

 
 
整理番号 氏名 分野 生年 没年 ゆかりの
市町村
タイトル 挿入図等 ゆかりの施設等
1 飯塚伊賀七 学術 1762 1836 つくば市 「からくり伊賀七」と呼ばれた発明家 からくり時計の模型 五画堂と和時計
2 飯村丈三郎 産業教育 1853 1927 下妻市・筑西市・水戸市 報恩感謝の実践家 報恩感謝の碑 千妙寺
3 板谷波山 芸術 1872 1963 筑西市 日本陶芸界の巨匠 『葆光彩磁珍果文花瓶』 板谷波山記念館
4 岡倉天心 芸術 1863 1913 北茨城市 近代日本美術の先達 六角堂 茨城県天心記念五浦美術館
5 小川芋銭 芸術 1868 1938 牛久市 カッパを描いた個性派画家 『水魅戯』 小川芋銭記念館(雲魚亭),河童の碑
6 奥原晴湖 芸術 1837 1913 古河市 明治時代に活躍した女流画家 『芦雁図』 古河歴史博物館
7 小平浪平 産業 1874 1951 日立市 日立製作所の創始者 復元された創業小屋 小平記念館
8 折本良平 産業 1834 1912 かすみがうら市 帆曳き網漁の発明者 折本良平翁記念碑 かすみがうら郷土資料館
9 河口信任 学術 1736 1811 古河市 日本最初の解剖書を著した医学者 解剖刀と解屍編 古河歴史博物館
10 川崎八右衛門 産業 1834 1907 茨城町 明治時代を代表する実業家 旧川崎銀行ゆかりの建物 川崎翁招魂碑
11 菊池謙二郎 教育 1867 1945 水戸市 学校改革により生徒に慕われた名校長 同盟休校でデモ行進する生徒たち 茨城県立水戸第一高等学校
12 木村武山 芸術 1876 1942 笠間市・北茨城市 仏画を極めた日本画家 『阿房劫火』 大日堂
13 木村安兵衛 産業 1817 1889 牛久市・龍ケ崎市 あんぱんの発明者 桜あんぱん 木村屋總本店
14 久原房之助 産業 1869 1965 日立市 日立の大煙突生みの親 日立鉱山の大煙突 日鉱記念館
15 黒澤止幾 教育 1806 1890 城里町 女性教師第1号 止幾の日記帳 城里町立桂図書館・郷土資料館
16 白土松吉 産業 1881 1956 ひたちなか市・那珂市 さつまいも増産の功労者 さつまいも畑 白土松吉翁頌徳記念碑
17 須田誠太郎 産業 1881 1969 潮来市 利根川治水の父 常陸利根川の流れ 須田誠太郎翁治水功労顕彰碑
18 住井すゑ 文学 1902 1997 牛久市 自由と平等を訴えた女流作家 すゑの遺品 抱樸舎
19 鷹見泉石 学術 1785 1858 古河市 日本最初のオランダ地図を制作した蘭学者 『新訳和欄国全図』 鷹見泉石記念館(古河歴史博物館別館)
20 徳川斉昭 政治教育 1800 1860 水戸市 強烈な個性で改革を推進した水戸藩主 偕楽園 弘道館
21 徳川光圀 政治学術 1628 1700 水戸市・常陸太田市 『大日本史』編さんを始めた水戸藩主 『大日本史』 「義公生誕の地」
22 飛田穂洲 スポーツ 1886 1965 水戸市 学生野球の父 飛田穂洲の銅像 飛田穂洲顕彰碑
23 豊田芙雄 教育 1845 1941 水戸市 幼児・女子教育の先覚 作法を教える豊田芙雄 豊田芙雄の銅像
24 長久保赤水 学術 1717 1801 高萩市 初の本格的な日本地図を制作した学者 『改正日本輿地路程全図』 高萩市歴史民俗資料館
25 長塚節 文学 1879 1915 常総市 農民文学『土』の作者 長塚節の生家 常総市地域交流センター(豊田城)
26 中村彜 芸術 1887 1924 水戸市 孤独の天才画家 『エロシェンコ氏の像』 茨城県近代美術館(中村彜のアトリエ)
27 中山元成 産業 1818 1892 坂東市 猿島茶の生みの親 製茶指導奨励図 茶顛中山翁製茶紀功碑
28 根本正 政治産業 1851 1933 那珂市 不屈の政治家 JR水郡線 根本正顕彰碑
29 野口雨情 文学 1882 1945 北茨城市 童謡の詩人 歌碑『七つの子』 野口雨情生家
30 幡谷仙三郎 産業 1893 1981 小美玉市 茨城経済界の重鎮 幡谷仙三郎の遺訓 幡谷仙三郎の銅像
31 常陸山谷右衛門 スポーツ 1874 1922 水戸市 近代相撲の基礎を築いた大横綱 常陸山の引退相撲 常陸山之碑
32 藤田東湖 政治学術 1806 1855 水戸市 幕末志士に慕われた水戸藩の英傑 『弘道館記述義』 藤田東湖の生誕地
33 本間玄調 学術 1804 1872 小美玉市・水戸市 水戸藩種痘の功労者 『内科秘録』 小美玉市小川図書館資料館
34 前島平 産業 1865 1933 水戸市・常陸太田市 茨城の電気王 水戸の火力発電所 茨城県電気事業創業之地の碑
35 松村任三 学術 1856 1928 高萩市 近代植物学の基礎を築いた学者 ソメイヨシノの学名のついた札 東京大学大学院理学系研究科附属植物園
36 間宮林蔵 学術 1780 1844 つくばみらい市 間宮海峡の発見者 林蔵の北方探検図 間宮林蔵記念館
37 山下りん 芸術 1857 1939 笠間市 明治時代の宗教画家 イコン画 白凛居(はくりんきょ)
38 山村暮鳥 文学 1884 1924 水戸市・大洗町 祈りの民衆詩人 詩碑 山村暮鳥詩碑
39 横瀬夜雨 文学 1878 1934 下妻市 筑波嶺(根)詩人 横瀬夜雨の生家 下妻市ふるさと博物館
40 横山大観 芸術 1868 1958 水戸市・北茨城市 近代日本画の至宝 『流燈』 横山大観生誕の地
41 吉田正 芸術 1921 1998 日立市 国民に夢と希望を与えた作曲家 作品のレコードジャケット 吉田正音楽記念館

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.