輝く茨城の先人たち


分野
学術
ゆかりの市町村
桜川市
 
世界初の人工癌に挑んだ博士

雨引小卒業。東京府立一中卒業。北海道大学卒業。東京帝国大学医学部・山極勝三郎教授の研究室で,山極博士と共に世界初の人工癌発見に挑戦。苦労の末,人工癌発生に成功(1915年、大正4年)。ノーベル賞候補といわれたが,デンマークコペンハーゲン大学・フィビーガー博士の研究に賞が与えられた。後に間違いであったことがわかったが取消されずに今日に至る。兎の耳にコールタールを塗布した実験。1919(大正8)年,学者として最高の「学士院賞」を授与される。北海道帝国大学教授として病理学の研究,後輩の指導にあたる。(正三位)

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献 「ガン事始」−日本人の記録−,「北海道大学百年史」,「100人の20世紀」−山極勝三郎−,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の先人たち」,「茨城の顔」,「郷土史にかがやく人びと」,「20世紀茨城の群像」
ゆかりのスポット 生家(桜川市東飯田),記念碑(生家前)
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.