輝く茨城の先人たち


分野
産業
ゆかりの市町村
行方市
 
佃煮の製造,販売

吉郎兵衛は,幼少時代から志しのある人物で,東京で佃煮の需要が多い事を知ると,捨てられることの多かったハゼなどの小魚を使用し,佃煮にすれば郷土の発展にもつながると思い奥村謙造とともに製法を研究し販売することに成功した。その後も品質改良に努め,南北戦争のときには,軍用の食料が腐敗する中,吉郎兵衛の佃煮だけは,味がかわることなく,副食品としては以後「兵站(へいたん)第一之要品」となったという。

関連ホームページ
著者・作品等
参考文献 「鹿行の歴史」
ゆかりのスポット 奥村吉郎兵衛顕彰碑(行方市上羽神社境内)
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.