輝く茨城の先人たち


「詠春秋詩」(屏風)(古河歴史博物館蔵)
分野
芸術
ゆかりの市町村
古河市
 
幕末の書家・文人

広く古今和漢の墨蹟を精妙に臨模し,伝統書法を継承しつつも一家に偏らない自在な唐様の書風を確立した。その門人は古河・江戸において数千人に及んだといい,弟子たちによって亀戸天神境内に顕彰碑が建立されている。なお,長男の梧岡・孫の遜堂も書家として活躍した。

関連ホームページ
著者・作品等 日光街道道標《左日光道》」 (古河市指定文化財・古河市)、「詠春秋詩」(屏風/古河市指定文化財・古河歴史博物館収蔵)ほか多数
参考文献 「古河史跡と古河藩のおもかげ」,「市制施行記念 古河の今と昔」,「古河志」
ゆかりのスポット 古河歴史博物館
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.