輝く茨城の先人たち


「雪華図説」(古河歴史博物館蔵)
分野
学術
ゆかりの市町村
古河市
 
日本最初の雪の科学書を著した殿様

古河の土井家を宗家とする刈谷藩土井家に生まれた利位は,25歳のとき本家である古河の土井家の養子となる。養父利厚の後を襲い古河藩主となった利位は,後に幕府老中に昇進し,天保の改革以後の幕府財政再建などにも指導力を発揮している。また,学問・芸術の世界にも造詣が深く,自ら20年以上の歳月をかけて観察した雪の結晶を,『雪華図説』・『続雪華図説』にまとめ刊行した。

関連ホームページ いばらきもの知り博士
著者・作品等 『雪華図説』『続雪華図説』ほか
参考文献 「図録『雪の華−雪華図説と雪の文様の世界』」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」
ゆかりのスポット 古河歴史博物館
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.