輝く茨城の先人たち


分野
芸術
ゆかりの市町村
水戸市
 
文人画(南画)家,篆刻家

 立原杏所は水戸藩の彰考館総裁を勤めた立原翠軒の長子として生まれる。幼少時に林十江(はやし・じっこう)に絵の手ほどきを受け、父とは異なり画家の道を歩む。翠軒同様に彰考館に勤め、江戸藩邸詰のときに関東南画界の巨匠谷文晁の門下に入る。同門で親交厚かった渡辺華山とともに、関東南画の興隆に果たした役割は大きく、文晁門下四哲のひとりに数えられる。杏所は、翠軒とともに、印判から文字を刻む芸術に発展した篆刻(てんこく)においても知られている。

関連ホームページ
著者・作品等 「盧雁(ろがん)図」「葡萄図」「水府城閣図」
参考文献
ゆかりのスポット
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.