輝く茨城の先人たち

(かすみがうら市教育委員会提供)

分野
産業
ゆかりの市町村
かすみがうら市
 
食肉加工の先覚者

 大正7年(1918年)2月,カール・ヤーン氏らドイツ捕虜兵が国の畜産試験場の飯田吉英技師に伝統のソーセージ作り秘伝を教え,日本で始めて本格的なソーセージを作った人物とされる。その他,食肉加工分野で多大な功績を残す。

関連ホームページ
著者・作品等 「豚と食肉加工の回想」
参考文献 「出島村史(続編)」
ゆかりのスポット
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.