輝く茨城の先人たち


下館音頭の碑
分野
芸術, 文学
ゆかりの市町村
筑西市
 
詩人

詩人・作詞家として活躍する中,戦時の空襲を避けるため昭和19年1月に下館に疎開する。疎開期間は昭和22年までの4年ほどであったが,優れた詩を残すとともに,下館商業高校(現・下館一校)の校歌や下館音頭を作詞している。

関連ホームページ
著者・作品等 疎開中の詩は,「一握の玻璃」(昭和22年刊)に収められている。
童謡の「かなりや」,歌謡曲の「東京行進曲」「青い山脈」「蘇州夜曲」「王将」など校歌,社歌を含めゆうに1万曲以上を作詞している。
参考文献
ゆかりのスポット 下館第一高等学校(校歌)
羽黒神社南の児童公園に西條八十の歌碑(下館音頭)と下館音頭のブロンズ像が建っている。
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.