輝く茨城の先人たち

茨城県近代美術館提供

「エロシェンコ氏の像」(東京国立近代美術館蔵)
分野
芸術
ゆかりの市町村
水戸市
 
大正期を代表する洋画家

軍人を志望していたが,17歳で結核に冒され断念する。その後,黒田清輝の指導する白馬会第2研究所に入所して洋画を学ぶ。第3回文部省美術展覧会に出品し,「巖」が褒状受賞,「曇れる朝」が入選。その後は目覚しい活躍ぶりで新進画家として注目を浴びる。闘病生活の中,「エロシェンコ氏の像」などの代表作を手掛けた。

関連ホームページ 水戸市
著者・作品等 「エロシェンコ氏の像」(1920)東京国立近代美術館
「カルピスの包み紙のある静物」(1923)茨城県近代美術館,「頭蓋骨を持てる自画像」(1923)大原美術館
参考文献 「水戸の先達」,「茨城県大百科事典」,「郷土歴史人物事典茨城」,「茨城の先人たち」,「茨城の顔」,「郷土史にかがやく人びと」,「20世紀茨城の群像」
ゆかりのスポット 茨城県近代美術館
先人の顕彰団体

茨城県生活環境部生活文化課

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
TEL 029-301-2824 FAX 029-301-2848

Copyright © 2008 Ibaraki Prefectural Gavarment. All Rights Reserved.