平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)|常陸国風土記を訪ねる|常陸国風土記1300年記念

常陸国風土記を訪ねる

平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)

発掘調査によって奈良・平安時代の高床式倉庫跡約50棟が確認された遺跡。『常陸国風土記』に登場する11郡のうち、筑波郡の郡衙(郡役所)跡と考えられる国指定史跡。高床式倉庫3棟の復元を主とする史跡整備がなされ、平成15(2003)年度から「平沢官衙遺跡歴史ひろば」として利用されており、その案内所に出土品の一部が展示されている。

指定の種別 国指定史跡
市町村名 つくば市
所在地 つくば市平沢353ほか
担当課 つくば市教育委員会文化財課
電話番号 029-883-1111(内線:4640)
参考URL http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp
常陸国風土記の記載内容
筑波郡

郡の西十里に騰波の江在り。
(文脈からここでの「郡」は郡衙を示すと考えられる。)