名作のつくりかた

 

横山大観「流燈」
明治42(1909)年
絹本彩色
※8月16日(日)まで展示


 

菱田春草「落葉」明治42(1909)年 絹本彩色 ※8月18日(火)から展示

名作は,いかにして名作になったのか―――。

茨城県近代美術館の所蔵作品の中でも特に人気の高い作品を中心に,素材や技法,構図などに着目し,様々な資料を紐解きながら,作家が作品をどのように構想し,完成へと導いたのか,制作の裏側を探ります。

開催日令和2年7月11日(土)~9月22日(火・祝)
※8月17日(月)に一部展示替えを行います。
時間午前9時30分~午後5時00分まで(入場は午後4時30分まで)
休館日月曜日
※ただし8月10日(月・祝),9月21日(月・祝)は開館。
※8月11日(火)は休館。
料金一般730(610)円/満70歳以上360(300)円/高大生490(370)円/小中生240(180)円

※( )内は20名以上の団体料金
※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※9月15日(火)~21日(月・祝)は満70歳以上の方は無料
会場茨城県近代美術館
茨城県水戸市千波町東久保666-1
問い合わせ茨城県近代美術館
029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら