鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』テーマ展示「童画を確立した人々」

 


 

 常設展示「鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』」では,テーマを設定して様々な角度から『コドモノクニ』の魅力を紹介しています。

 今回のテーマは「童画を確立した人々」。

 それまで童謡・童話の添え物的扱いに過ぎなかった児童出版向けの絵の地位向上を図り,いわゆる「童画」として一つのジャンルを確立した武井武雄,岡本帰一,清水良雄,初山滋,深澤省三,川上四郎ら日本童画家協会設立メンバーと,初期の童画界で活躍した本田庄太郎の絵を中心に紹介します。

 

開催日令和2年7月14日(火)~10月21日(水)
時間午前9時00分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
料金一般200円/小中高生50円
会場古河文学館
茨城県古河市中央町3-10-21
問い合わせ古河文学館
0280-21-1129
関連リンクくわしくはこちら