展覧会詳細一覧


(茨城県陶芸美術館)コレクション展「新収蔵品展」

和田 的
白器「ダイ/台」2017年

 茨城県陶芸美術館は平成29年度に21作家による38件の作品を新たに収蔵しました。二つの会場でこれらの作品をご紹介します。

開催日第1会場:平成30年6月5日(火)~10月8日(月・祝)
第2会場:平成30年6月20日(水)~9月17日(月・祝)
時間9:30~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、8月13日(月)、9月18日(火)は臨時開館
料金一般310(260)円/70歳以上150(130)円/高大生260(210)円/小中生150(120)円
※( )は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方は無料(ただし1人につき1人まで)
※土曜日は高校生以下無料(夏休み期間を除く)
会場茨城県陶芸美術館
問い合わせ茨城県陶芸美術館
℡0296-70-0011
関連リンクくわしくはこちら

(茨城県近代美術館)開館30周年記念企画展「茨城近代美術の精華Ⅱ 日本芸術院会員五人展」

能島征二「エルピス(希望)」
2015(平成27)年 個人蔵

 茨城ゆかりの日本芸術院会員・川崎普照(彫刻)、蛭田二郎(彫刻)、那波多目功一(日本画)、山本文彦(洋画)、能島征二(彫刻)による展覧会。美術界を第一線で牽引する作家5人の個性豊かで創造性あふれる芸術の魅力を心ゆくまでお楽しみください。

開催日平成30年6月16日(土)~8月12日(日)
時間9:30~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、7月16日(月祝)は開館、7月17日(火)は休館
料金一般980(850)円/70歳以上490(420)円/高大生720(600)円/小中生360(240)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をお持ちの方は無料。7月25日(水)は70歳以上の方無料。土曜日は高校生以下無料(夏休み期間を除く)
会場茨城県近代美術館
問い合わせ茨城県近代美術館
℡029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら

(茨城県立歴史館)テーマ展Ⅰ 三昧塚古墳出土資料 国重要文化財指定記念「三昧塚古墳と舟塚古墳」

「金銅馬形飾付透彫冠」
(国指定重要文化財 茨城県立歴史館蔵)

 茨城県立歴史館では、テーマ展Ⅰ「三昧塚古墳と舟塚古墳」を開催します。画像は三昧塚古墳で発掘された馬型の飾りのある冠です。希少性と資料的な価値が認められ、国の重要文化財に指定されました。必見です。

開催日平成30年6月16日(土)~平成30年7月29日(日)
時間9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、7月16日(月)は開館、7月17日(火)は休館
料金・一般150円
・大学生80円
・70歳以上70円(6月28日は無料) 
※高校生以下無料
会場茨城県立歴史館
問い合わせ茨城県立歴史館
℡029-225-4425
関連リンクくわしくはこちら

(茨城県近代美術館)所蔵作品展「日本の近代美術と茨城の作家たち 夏」

小川芋銭 「〈河童百図〉水戸浦の産」
1937(昭和12)年
茨城県近代美術館蔵

 横山大観や小川芋銭など茨城ゆかりの作家の作品を中心に、清々しい夏の風情を感じさせる日本画や洋画、平成28年度に新収蔵した版画作品等も併せて公開します。

開催日平成30年6月21日(木)~8月12日(日)
時間9:30~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館
料金一般310(240)円/70歳以上150(120)円/高大生240(170)円/小中生170(110)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をお持ちの方は無料。7月25日(水)は70歳以上の方無料。土曜日は高校生以下無料(夏休み期間を除く)
会場茨城県近代美術館
問い合わせ茨城県近代美術館
℡029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら

(茨城県近代美術館)所蔵作品展「歴代巨匠を振り返る 茨城ゆかりの芸術院会員たち」

浦田正夫 「牛」
1952(平成27)年
茨城県近代美術館蔵

 開催中の企画展「茨城近代美術の精華Ⅱ 日本芸術院会員五人展」にあわせ、歴代の芸術院会員の中から、茨城にゆかりのある作家たちをご紹介します。

開催日平成30年6月21日(木)~8月12日(日)
時間9:30~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館
料金一般310(240)円/70歳以上150(120)円/高大生240(170)円/小中生170(110)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をお持ちの方は無料。7月25日(水)は70歳以上の方無料。土曜日は高校生以下無料(夏休み期間を除く)
会場茨城県近代美術館
問い合わせ茨城県近代美術館
℡029-243-5111
関連リンクくわしくはこちら

(茨城県天心記念五浦美術館)スズキコージ 大千世界宇宙大爆裂展

『ブラッキンダー』
(イースト・プレス)
2008年

 奇想天外な発想とダイナミックで色鮮やかな描写で大人気の絵本画家スズキコージ。『ゆきむすめ』『サルビルサ』など代表作の原画や、ライブ・ペインティング(公開制作)から生まれた巨大絵画の作品などにより、エネルギーあふれるスズキコージの世界を紹介します。

開催日平成30年6月23日(土)~ 8月26日(日)
時間9:00~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、7月16日(月・祝)と8月13日(月)は開館、7月17日(火)は休館
料金一般620(510)円/70歳以上310(250)円/高大生410(310)円/小中生210(150)円
※( )内は、20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
会場茨城県天心記念五浦美術館
問い合わせ茨城県天心記念五浦美術館
℡0293-46-5311
関連リンクくわしくはこちら

平成30年度茨城県移動展覧会 茨城の美術セレクション

 全国規模の展覧会等でも活躍する県内在住の作家を中心に、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書、写真、デザインなどの作品を展示します。

 今年度は6月のつくば市を皮切りに、笠間市、北茨城市の県内3か所で開催します。

 

  • 茨城県つくば美術館:平成30年6月26日(火)~7月8日(日)※月曜休館
    展示作品:第10回記念現代茨城作家美術展からの選抜作品26点
    〈日本画6点・洋画16点・彫刻4点〉
    出品作家によるギャラリートーク:7月8日(日)11:00~※参加費無料

 

  • 茨城県陶芸美術館:平成30年7月8日(日)~7月22日(日)
    ※月曜休館(ただし16日海の日は開館翌日休館)
    展示作品:第10回記念現代茨城作家美術展からの選抜作品44点
    (第6回展作品1点を含む)
    〈工芸美術18点、書17点、写真5点、デザイン4点〉
    出品作家によるギャラリートーク:7月22日(日)11:00~※参加費無料

 

  • 茨城県天心記念五浦美術館:平成30年9月27日(木)~10月7日(日)※月曜休館
    展示作品:第10回記念現代茨城作家美術展からの選抜作品26点
    〈日本画6点、洋画16点、彫刻4点〉
    出品作家によるギャラリートーク:10月7日(日)13:00~※参加費無料

 

開催日茨城県つくば美術館
平成30年6月26日(火)~7月8日(日)

茨城県陶芸美術館
平成30年7月8日(日)~7月22日(日)

茨城県天心記念五浦美術館
平成30年9月27日(木)~10月7日(日)
時間茨城県つくば美術館
9:30~17:00(入場は16:30まで、最終日正午終了)

茨城県陶芸美術館
9:30~17:00(入場は16:30まで、最終日正午終了)

茨城県天心記念五浦美術館
9:00~17:00※10月2日~7日は9:30~17:00
(入場は16:30まで、最終日14:00終了)
休館日月曜休館
(ただし、茨城県陶芸美術館については7月16日海の日は開館し、翌日休館)
料金入場無料
会場茨城県つくば美術館
茨城県陶芸美術館
茨城県天心記念五浦美術館
問い合わせ茨城県美術展覧会
℡029-244-5553

(しもだて美術館)やさしさあふれる安野光雅の絵画展

 安野光雅(1926年~)は国際アンデルセン賞を受賞し、文化功労者に選ばれるなど、国内外で高い評価を受ける画家・絵本作家です。このたび、津和野町立安野光雅美術館のご協力により、安野光雅絵画展を前後2回に分けて開催します。

 前期「御所の花」では、吹上御所のお庭に咲く植物を描いた絵画作品全130点を一堂に展示します。 天皇 、皇后両陛下が、平成5年12 月からお住まいになられている吹上御所。四季折々に様々な表情を見せるこのお庭は、お二人で相談され、時には陛下ご自身も鍬や鎌を手に、時間をかけてつくられたお庭です 。安野は、両陛下の本の装丁をしたご縁で、平成23年3月から1年あまりかけて、数十回御所のお庭に通い、水彩の淡い描写で植物を描きました 。阪神・淡路大震災の後、被災者の遺族より贈られた種から育てられているヒマワリ。天皇陛下のお考えで、御所に棲みついたタヌキの餌として残し増やされているクサイチ ゴ。皇后陛下ゆかりバラ「エンプレスミチコ」など、丹精こめて育まれている草花のやさしい風情が印象的な作品ばかりです。

 後期「絵本の世界」では、図書館でも人気の「シンデレラ」や「ガリバー旅行記」をはじめ、「野なかの薔薇」「 蛍の光 」などの唱歌の景色を描いた「歌の風景」、ウイットに富んだ楽しい「空想工房の絵本」など、70 点の絵画作品を展示します 。いずれも、小さな作品ながら、一枚の絵の中には、多くの興味深いことがらが描かれ、見る者の好奇心をかきたてて止みません。親しんできた絵本の「原画」を見ることができるまたとない機会。是非、ご家族でお楽しみください。

開催日前期:平成30年7月7日(土)~8月8日(水)
後期:平成30年8月11日(土)~9月17日(月・祝)
時間10:00~18:00
(入館は17:30まで)
休館日月曜日
(祝日の場合は翌日休館)
料金一般700円
団体600円(10人以上)
高校生以下無料
※本展入館券で会期中、夏季所蔵品展「平成の輝き」・板谷波山記念館も観覧可
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1人は無料
※第3日曜日「家庭の日」(7/15,8/19,9/16)は、高校生以下のお子さま連れのご家族は無料
※本展入館券の半券提示で、会期中の次回入館料を団体料金に割引(1枚に付1人1回限り)
会場しもだて美術館
問い合わせしもだて美術館
℡0296-23-1601
関連リンクくわしくはこちら

(ミュージアムパーク茨城県自然博物館)第72回企画展「火山列島・日本―大地との語らい―」

桜島

草津白根山

 日本列島は世界でも有数の火山地域にあるため、火山は私たちにとって身近な存在です。ひとたび火山が噴火すると、私たちは地球が生きていることを体感し、ときに畏怖を感じます。一方で、火山は変化に富んだ景勝地を創り出し、山麓の温泉には多くの人々が訪れます。大地に積もった火山灰は畑地の土壌となって豊かな恵みをもたらします。

 この企画展では、火山列島・日本に生きる私たちが火山を理解し、共生していく道について考えます。

開催日平成30年7月7日(土)~9月17日(月・祝)
時間9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日毎週月曜日
※祝日の場合はその翌日
料金一般740円(600円)/70歳以上370円(300円)/高校・大学生450円(310円)/小・中学生140円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児、障害者手帳、指定難病特医療費受給者証を持参された方は入館無料
※毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料(春・夏・冬休み期間中は除く)
会場ミュージアムパーク茨城県自然博物館
問い合わせミュージアムパーク茨城県自然博物館
℡0297-38-2000
関連リンクくわしくはこちら
備考【主な展示内容】
資料:火山弾や火山灰、溶岩等の火山噴出物、地層の剥ぎ取り標本、様々な温泉水など
映像:伊豆大島火山の噴火、西ノ島の成長のようす、火山が創り出した風光明媚な風景など
体験コーナー:火山弾タッチング、サヌカイト打音体験、温泉ジオラマの撮影コーナーなど
その他:富士山の立体模型、温泉地図と温泉タワー、噴火後の植生遷移ジオラマなど

(茨城県陶芸美術館)親子で楽しむコレクション「胸キュン♡COLORS 窯芸の彩色」

藤田喬平
ヴェニス花瓶 1989頃

 陶芸作品は、窯の中で焼成することで色が変化し、作り手自身が驚くような予想もしない鮮やかな色や模様を生み出すことがあります。

 本展ではこうした、炎の力によって生み出される“窯芸(カマゲイ)”の色彩の魅力に焦点をあてて紹介します。陶芸やガラスならではの、きらめく色彩いっぱいの美術館に、ぜひ遊びに来て下さい。

開催日平成30年7月21日(土)~9月2日(日)
時間9:30~17:00
(入場は16:30まで)
休館日月曜日
※ただし、8月13日(月)は臨時開館
料金一般310(260)円/70歳以上150(130)円/高大生260(210)円/小中生150(120)円
※( )は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方は無料(ただし1人につき1人まで)
会場茨城県陶芸美術館
問い合わせ茨城県陶芸美術館
℡0296-70-0011
関連リンクくわしくはこちら

(石岡市役所八郷総合支所)第22回石岡市企画展

 石岡市企画展は、市内外で活躍する著名な芸術家の作品を広く市民に紹介し、鑑賞してもらうことを目的としており、今年で22回目の開催となります。

 今年は、石川富重氏【書】・野口昌男氏【洋画】の展示を予定しております。

 是非、皆様お誘い合わせのうえ、ご鑑賞ください。

開催日平成30年9月29日(土)~10月4日(木)
時間9:00~17:00
(最終日は15:00まで)
料金入場無料
会場石岡市役所八郷総合支所
1階「郷の風」
問い合わせ石岡市教育委員会文化振興課
℡0299-43-1111(内線1322)
関連リンクくわしくはこちら

(古河街角美術館)企画展「坂東郷土館ミューズ コレクション展」

 平成9(1997)年に開館した坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)は、開館以前より茨城県内の作家に目を向けたコレクションを形成してきました。坂東市出身の画家・二世五姓田芳柳の作品を中心に、横山大観・木村武山・小川芋銭・森田茂・鶴岡義雄など郷土ゆかりの芸術家の作品を収集し、これらの美術作品の展示や企画展を随時開催しています。

 本展覧会は、横山大観など巨匠たちの作品を含む、日本画・洋画の絵画作品を中心に展示紹介します。坂東郷土館ミューズが20年以上の歩みの中で収集してきた珠玉の絵画コレクションを、ぜひご鑑賞ください。

開催日平成30年10月20日(土)~12月16日(日)
時間9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休館日平成30年10月26日(金)、11月26日(月)、11月27日(火)
料金無料
会場古河街角美術館
問い合わせ古河街角美術館
℡0280-22-5911
関連リンクくわしくはこちら

(土浦市民ギャラリー)第71回土浦市美術展覧会

 71年目を迎える土浦市美術展覧会は県内で最も歴史がある公募型の展覧会です。第70回は土浦市民ギャラリーオープニング展第2弾として開催しました。

 日本画・洋画・彫刻・美術工芸・書・写真・デザインの7部門の作品を募集し、高校生から一般の方まで出品が可能です。

開催日平成30年11月9日(金)~11月18日(日)
時間10:00~18:00
休館日月曜日
※ただし、祝日の場合は開館
料金入場無料
会場土浦市民ギャラリー
問い合わせ土浦市教育委員会文化振興室
℡029-893-5505
関連リンクくわしくはこちら

(古河街角美術館)第8回古河の絵画美術展Ⅰ・Ⅱ

 古河街角美術館では、古河市に在住か在勤または出身で、絵画制作活動を続けている方々の作品を紹介し、古河市の絵画文化の振興を図ることを目的として、「古河の絵画美術展」を開催します。今年度(第8回)は、会期を2回に設定し紹介します。

 ぜひ、ご鑑賞ください。

開催日Ⅰ期:平成30年12月20日(木)~平成31年2月21日(木)
Ⅱ期:平成31年2月23日(土)~平成31年4月24日(水)
時間9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休館日12/28(金)~1/3(木)、1/25(金)、2/12(火)、2/22(金)、3/8(金)
※4月の休館日は未定
料金無料
会場古河街角美術館
問い合わせ古河街角美術館
℡0280-22-5911
関連リンクくわしくはこちら